So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クラッシュゲートのルノーに執行猶予付きの判決が [F1]

2008年のシンガポールGPでの故意にクラッシュさせたことに対する

ルノーへの判決が出された

判決は

2年間のF1世界選手権参戦禁止という厳しいものになったが、2011年末までは処分が延期されることとなった

とのことですぐに出場停止ではないが

撤退はしないだろうか?

そして

今回の判決では、クラッシュを命令した2人には

フラビオ・ブリアトーレにはいかなるモータースポーツカテゴリーからの永久的排除という処分が言い渡され、パット・シモンズには5年間のモータースポーツ活動禁止が科せられることとなった

しかし今回このタイミングでの公聴会は正直なところどうかと思う

やらせたほうも悪いが

やったピケJrもブリアトーレがマネジャーで契約更新をチラつかせていたのだろうけども

イヤならやらなければよかったのに

今回のことでさすがにトップカテゴリーでピケJrを使うチームはないだろうな・・・

アロンソもどうするのだろう

 












nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

トラックバック 0